クリスマスイブ

12月の第4日曜日。

たぶん前日の寝たのは6時近くだったのですけど、私は目覚めたのは9時半くらいでした。

テーブルのところでカフェオレを飲みながら、クリスマスイブだなぁなんて思って。

彼に何も準備できていなかったこともあったので、フォンダンショコラを作ることにしました。

生地を作るのに大体30分くらい、焼き時間が15分くらい、冷ます時間が15分ほど。

彼が目覚ましをかけたのは、11時で。それからシャワーをしたりすることを考えたら、出かけるのは11時半~12時くらいなので、十分間に合います。

前にハンドミキサーを使ったときに彼を起こしてしまったことがあったので、今回も彼が起きてしまうんじゃないかと心配だったのですけど。

明け方に寝た彼は、ハンドミキサーの音に気づかなかったらしく。

焼きあがるまで彼の安眠の邪魔をせずに済みました。

そして、11時。

彼のスマホから、軽快なリズムが聞こえてきて。

しばらくして、布団を出た彼から「おはよー」と声をかけられました。

「なんか作ったん?」

部屋の中にはチョコレートの甘い匂いが充満していますので、彼はそれをかぎ取ったようです。

「フォンダンショコラ作ったよ」

「俺、もうすぐ出かけるけど?」

「うん。お土産に持って帰ってね」

「わーい、ありがと♪」

嬉しそうな顔をして、彼は出かけるためにシャワーをしに行きました。

彼が身支度を整えて戻ってくるまでの間に、見目のいい2個を紙袋の中に入れて。

それから、コーヒーとフォンダンショコラ1個をテーブルの上に置きました。

しばらくして、身支度を整えて戻ってきた彼は、テーブルの上にあった朝ご飯を食べて。

お土産を持って、12時過ぎくらいに娘さんに会うために出かけていきました。



ランキングに参加しています。
お気に召したら、ぽちっとお願いします(*_ _)ペコリ
にほんブログ村 バツイチの恋愛
にほんブログ村 50代の恋愛